書籍・メディア等

メディア情報

毎月第1月曜日 夜21時~22時放送
こしがやFM 「さっちゃんのハローホームタウン」内で
「人生を変える夢のお告げ」のコーナーを担当中。
毎回、夢についてのあれこれを、体験談を交えてお話ししています。
拝聴するには、スマホ、パソコンから
リッスンラジオのアプリをダウンロードしてください。

2月7日(月)放送予定 初夢について

3月7日(月)放送予定

4月4日(月)放送予定

おススメ書籍・参考図書

夢について書かれた書籍たちは、アマゾンで検索しただけでもかなりの数がリストアップされます。古来から、そして古今東西、様々な夢の本が出版されています。それほど私たち人間にとって夢は解明したい永遠のテーマなのでしょう。だからこそ夢へのあこがれ、造詣は本当に尽きることがありません。
夢に興味を持ってから様々な夢の本を探して手にしてきました。学術的に重要で必要だと思われる本はすぐに読めるように本棚に。一度読んでワクワク、何度読んでもワクワクする大好きな本は手元に蔵書としてあります。一時、夢辞典をコレクションしたり、出会った夢の本は端から買って集めていた時期がありました。でも今は本当に好きなものだけに整理して、だいぶ手放してしまいましたが、それを含めてここに、今まで私が出会った夢にまつわる書籍を紹介したいと思います。
まずは、夢を紐解くための夢辞典を2冊を紹介しましょう。

夢辞典 ~夢を紐解くときに必須の2冊~

  • 「夢は神さまからの最高のシグナル」 坂内慶子著  コスモ21出版

    夢の師匠 坂内慶子氏の3冊目の夢辞典。
    1冊目はべティーベサーズ著の翻訳本「ドリームブック」夢のシンボル辞典 中央アート出版。
    2冊目『エドガーケイシーが教える夢のメッセージ』PHP出版。続く集大成として出版された「究極の夢辞典」。
    辞書ですが、まず最初に通読することをお勧めします。私は出かける時に持ち歩いて時間があればめくって読んでいます。もちろん夢を読み解く時、必須のバイブルで、まずこの辞書を使って意味を調べます。もし無人島に1冊だけ持っていけるとしたら、この本を選びます。


  • 夢バイブル ブレンダ・マロン著 産調出版

    たまたま出会った夢辞典、カラー刷りで色もきれいで、象徴が多く多岐にわたって出ています。内容的にもバランスが取れている1冊です。

その他、夢の読み解きに参考となるもの

  • 「ライフ・ヒーリング」  ルイーズ・ヘイ著 たま出版

    夢の事象と身体、心との関係をつなげる時に参考にします。


  • 「ミラクルアートセラピー 人生は描き直せる」 吉田至叶人著 早稲田出版

    THP法や風景構成法など、夢の描画を読み解くため、描画分析の参考書